日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
日経225先物・オプション・TOPIX大口建玉情報
個人は大口について行けばかなりの確率で勝てます。 その大口の手口の公開です。とても貴重な情報ですよ。 日経225先物、オプション、TOPIXの 大口の建玉残(ポジション)を 毎週明けの第1市場開催日の夕刻に 最新情報を公開 ★ランキング 好きなものが1円でなんでも買えちゃうかも!? ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

『日経先物・オプション手口と建玉情報』へようこそ!

このブロマガは本当に儲けたいという方のみご購読ください!

やっばり個人は大口についていくだけですね

逆に言えば大口についていくだけで大儲けってことだね

管理人は

先物・オプション手口をしっかり把握していて

ガッポリ大儲けですわ

当ブログを活用し大儲けする方法

当ブログは

無料の通常記事とブロマガ(有料記事)の

2部構成となっております

無料記事は比較的に簡単に収集できる注目記事で

時間と手間さえかければ誰でも無料で得られるものです

一方ブロマガの記事は

個人が無料ではなかなか収集できない

とても重要な記事となっています

もうおわかりですよね

誰でも簡単に得られるような情報では

なかなか大儲けできません

他人を出し抜いて

はじめて儲けることができるのですからね

タダで楽して儲けるのは不可能なのですよ

多少費用を出すか

自分でせっせと動いて情報を収集するかのどちらかですよ

時間がなく手間をかけられない方には

ブロマガ購読をオススメします

たった1万円で大儲けできるチャンスが得られますよ

月額コースは当ブログでのブロマガが読み放題となります

ブロマガの掲載内容等は本ブログに掲載していますので

カテゴリをご覧ください

ブロマガメニュー http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/blog-entry-161.html

ブロマガサンプル http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/blog-entry-1733.html

他にその記事だけの読み切りの単独記事購読もあります

まずはお試しに単独記事の購読から始めるのもいいかもね

成功者は儲ける

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ワシントン 6日 ロイター] 2012年の米大統領選挙は6日夜(日本時間7日午前)、中西部インディアナ州と南部ケンタッキー州を皮切りに開票が始まり、米CNNテレビの予想によると、ケンタッキー州では共和党のロムニー候補が民主党のオバマ大統領を下し、選挙人8人を獲得する見通し。同州ではロムニー氏の勝利が予想されていた。
 CNNはまた、東部バーモント州ではオバマ大統領が勝利すると予想した。同州の選挙人は3人で、オバマ大統領の地盤。

スポンサーサイト
13日の日経平均株価は前週末比19円76銭安の8871円68銭で寄り付いたあと、小安い水準でもみ合い商状。寄り付き前に発表された4-6月期GDP(国内総生産)で成長率が年率1.4%のプラスと市場予想(2.5%のプラス)を大きく下回ったことが重しになっている。一方、前週末の米国株高など外部環境に目立った悪化がみられていないため、下値も限定的。前週末終値付近まで下げ渋る場面もみられる。

 業種別では、JX<5020.T>など石油株が軟調。商船三井<9104.T>など海運株や、JFE<5411.T>など鉄鋼株も売られている。大和証G<8601.T>など証券株もさえない。浜ゴム<5101.T>などタイヤ株も下げ基調。セメント株では、13年3月期第1四半期の連結決算で最終赤字幅拡大の太平洋セメ<5233.T>が急落。鹿島<1812.T>などゼネコン株も弱含みで推移している。個別では、12年9月中間期の連結業績予想を下方修正した電気興<6706.T>がウリ気配スタート。

 半面、東京海上<8766.T>など保険株は買われている。中部電<9502.T>など電力株もしっかり。トヨタ<7203.T>など自動車株も底堅く推移している。ヤマダ電機<9831.T>など小売株も堅調。アステラス薬<4503.T>など医薬品株も上昇している。個別では、13年3月期第1四半期で連結営業益79%増のアイフル<8515.T>、12年9月中間期の連結利益予想を上方修正したセイコーHD<8050.T>などが高い。

 東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「9社ベースで、売り1180万株、買い1070万株で、差し引き110万株の売り越し」(外資系証券)。午前9時14分時点の東京外国為替市場は、1ドル=78円台前半(10日終値は1ドル=78円45銭-47銭)、1ユーロ=96円台前半(同1ユーロ=96円24銭-28銭)で取引されている。

[ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
提供:モーニングスター社 (2012-08-13 09:22)
[ローマ 12日 ロイター] イタリアのグリリ経済・財務相は、イタリア経済が予想以上に低迷しているため、2012年の財政赤字は目標を達成できない見込みだと明らかにした。ただ、欧州連合(EU)から要求されている基準は達成できるとして、追加的な支出削減は計画していないと述べた。12日付のレプブリカ紙に語った。
 同相は「われわれは、名目上の赤字が悪化すると認識している」としながらも、「われわれが重視しているのは構造的な赤字で、その点に関して言えば、完全に目標に沿って推移している」と述べた。
 EUはイタリアに対し、成長率を調整した構造的な財政収支を2013年に黒字にするよう求めている。
 一方、名目上の財政赤字目標については、対国内総生産(GDP)比で今年は1.7%、来年は0.5%、2014年は0.1%と定めている。
 
 イタリア経済はリセッション(景気後退)が深刻化しており、政府は今年のGDP伸び率をマイナス1.2%と予想しているのに対し、雇用者団体はマイナス幅が2.4%以上に達するとみている。
 
 グリリ経済・財務相はまた、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が2日に、債券利回りを押し下げるため国債買い入れを再開する用意があると表明したことを歓迎。ECBに対し、早期に国債買い入れの詳細に関する計画を示すよう求めた。
 同相は「ECBが発表したリバランス措置は加速させなくてはならない。ECBが提示したツールは、稼働すれば緊張を著しく和らげることができる」と語った。
 
[東京 9日 ロイター] 日銀は8、9日に開いた金融政策決定会合で、政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標を0─0.1%程度に据え置くとともに、基金による資産買入の金融緩和策について現状維持とすることを全員一致で決定した。市場の一部で思惑が出ていた、応札額が予定額に届かない札割れ対策としての長期国債買い入れの下限金利撤廃などは、打ち出さなかった。
 
 景気の現状は「復興関連需要などから国内需要が堅調に推移するもとで、緩やかに持ち直しつつある」と、これまでの判断を据え置いた。一方、前回7月会合で「持ち直し」と表現していた輸出と生産について「輸出は持ち直しの動きが緩やかになっており、生産も足もと弱めとなっている」にそれぞれ下方修正。当初の想定よりも弱めで推移している外需の出遅れが影響しているとみられるが、景気の先行きについては「国内需要が引き続き堅調に推移し、海外経済が減速した状態から脱していくにつれて、緩やかな回復経路に復していくと考えられる」と、堅調な内需の持続などを背景に回復シナリオを維持した。

 (ロイターニュース 伊藤純夫 竹本能文;編集 久保信博)
内閣府が9日午前8時50分に発表した6月の機械受注統計では、設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」が前月比5.6%増の7097億円となった。前月比プラスは2カ月ぶり。市場予想の中心値は同12.0%増だった。製造業は同2.9%減の2933億円、非製造業は同2.6%増の4242億円となった。

 内閣府は、「一進一退で推移している」と判断している。前月は、「緩やかな増加傾向がみられるものの、前月の反動もあり大きく減少した」だった。

 7-9月期見通しは前期比1.2%減。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。