日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
日経225先物・オプション・TOPIX大口建玉情報
個人は大口について行けばかなりの確率で勝てます。 その大口の手口の公開です。とても貴重な情報ですよ。 日経225先物、オプション、TOPIXの 大口の建玉残(ポジション)を 毎週明けの第1市場開催日の夕刻に 最新情報を公開 ★ランキング 好きなものが1円でなんでも買えちゃうかも!? ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

『日経先物・オプション手口と建玉情報』へようこそ!

このブロマガは本当に儲けたいという方のみご購読ください!

やっばり個人は大口についていくだけですね

逆に言えば大口についていくだけで大儲けってことだね

管理人は

先物・オプション手口をしっかり把握していて

ガッポリ大儲けですわ

当ブログを活用し大儲けする方法

当ブログは

無料の通常記事とブロマガ(有料記事)の

2部構成となっております

無料記事は比較的に簡単に収集できる注目記事で

時間と手間さえかければ誰でも無料で得られるものです

一方ブロマガの記事は

個人が無料ではなかなか収集できない

とても重要な記事となっています

もうおわかりですよね

誰でも簡単に得られるような情報では

なかなか大儲けできません

他人を出し抜いて

はじめて儲けることができるのですからね

タダで楽して儲けるのは不可能なのですよ

多少費用を出すか

自分でせっせと動いて情報を収集するかのどちらかですよ

時間がなく手間をかけられない方には

ブロマガ購読をオススメします

たった1万円で大儲けできるチャンスが得られますよ

月額コースは当ブログでのブロマガが読み放題となります

ブロマガの掲載内容等は本ブログに掲載していますので

カテゴリをご覧ください

ブロマガメニュー http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/blog-entry-161.html

ブロマガサンプル http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/blog-entry-1733.html

他にその記事だけの読み切りの単独記事購読もあります

まずはお試しに単独記事の購読から始めるのもいいかもね

成功者は儲ける

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[サンフランシスコ 15日 ロイター] 米半導体製造装置大手のアプライド・マテリアルズが15日発表した第3・四半期(5―7月)決算は、純利益が2億1800万ドル(1株当たり0.17ドル)となり、前年同期の4億7600万ドル(同0.36ドル)から減少した。
 非一般会計原則(GAAP)基準の1株利益は0.24ドルで、アナリスト予想の0.22ドルをやや上回った。

 売上高は23億4000万ドルで、前年同期の27億9000万ドルから減少した。
 同社は7月に、半導体メーカーからの受注が減少しているとして、通年の業績目標を引き下げていた。

 同社は、第4・四半期(8―10月)の売上高は、第3・四半期に比べ25―40%減少するとの見通しを示した。その予想レンジの中間で計算すれば、約15億8000万ドルとなる。

 トムソン・ロイターが実施したアナリスト調査では、第3・四半期の売上高は23億2000万ドルと予想されていた。第4・四半期の見通しは19億4000万ドル。

 アプライド・マテリアル株は15日のナスダック市場で0.77%上昇して取引を終えたが、決算発表後の時間外取引では3.30%下落している。

スポンサーサイト
[15日 ロイター] 米ネットワーク機器大手のシスコシステムズが15日に発表した第4・四半期(5─7月期)決算は、リストラやコスト削減が奏功し、利益・売上高ともにアナリスト予想を上回った。
 第4・四半期の一時項目を除いた純利益は25億ドル(1株当たり0.47ドル)。トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリストの1株当たり利益予想は0.45ドルだった。
 売上高は前年比4%増の117億ドルとなり、アナリスト予想の116億1000万ドルを上回った。
 同社は1株当たり配当を2013年度の第1・四半期から0.14ドルに引き上げることを明らかにした。 
 ジョン・チェンバース最高経営責任者(CEO)は15日、CNBCテレビとのインタビューで、欧州の状況は引き続き課題で、さらに悪化する可能性がある、との見方を示した。
 
 JPMセキュリティーズのアナリスト、エリック・スピガー氏は、コスト削減が利益を押し上げていることに投資家は満足しているが、長期的な成長には売上高の伸びが欠かせない、との見方を示した。そのうえで、販売やマーケティングの経費削減を継続した場合に売上高を再度拡大することが可能かどうかは不明、との考えを示した。
 シスコは昨年リストラ計画を発表し、全社で15%の人員を削減し10億ドルの経費を削減することに着手した。さらに先月、1300人の追加削減を発表した。
 ナスダック市場で17.35ドルで引けた同社株は、時間外取引で18.22ドルに上昇した。
 
[8日 ロイター] 米アパレル大手ラルフ・ローレンが8日発表した第1・四半期(4─6月)決算は増収増益となった。ただ、中国での販売戦略の見直しなどを受けて、7─9月期には純売上高が1桁台半ば程度落ち込むとの見通しを示した。

 4─6月期の純利益は1億9340万ドルと、前年同期の1億8410万ドルから5.1%増加した。1株当たり利益は2.03ドルと前年同期の1.90ドルから増加。市場の予想平均は1.78ドルだった。売上高は4.4%増の15億9000万ドルで、既存店の売上高の伸びは1%だった。
 ラルフ・ローレンは中国での販売を直営店方式に改める方針で、現地企業との提携による店舗運営の解消を進めており、このことが売上高を圧迫している。米百貨店のJCペニーが今夏、ラルフ・ローレンとの提携ブランド「アメリカンリビング」を廃止したことも業績に影響する見通し。
 
[サンフランシスコ 24日 ロイター] 米アップルが24日発表した第3・四半期(4─6月)決算は、売上高が予想に届かなかった。スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売が予想を下回ったことが響いた。同社の株価は時間外取引で5%下落した。
 第3・四半期の純利益は88億ドル(1株利益は9.32ドル)。前年同期は73億ドル(同7.79ドル)だった。アナリスト予想は10.37ドルだった。
 売上高は350億ドルとなり、市場予想の372億2000万ドルを大きく下回った。
 
 第3・四半期のアイフォーン販売台数は2600万台。第2・四半期の3510万台を下回った。アイフォーンの最新版が秋に発売されることから、買い控えが目立った。販売台数は2800万─2900万台程度になると予想されていた。
 一方、「iPad(アイパッド)」の販売台数は1700万台と予想を上回った。
 第3・四半期の粗利益率は42.8%。予想は43.68%だった。
 アジア太平洋部門(日本除く)の売上高は前期比22%減少。3─6%減少した南北アメリカと欧州の売上高よりも大きく悪化した。
 
 7─9月期の自社予想は、1株利益が約7.65ドル、売上高が約340億ドル。
 一方、アナリスト予想は、1株利益が10.23ドル、売上高が380億3000万ドルとなっている。
  
 ウエッジウッド・パートナーズのデービッド・ロルフ最高投資責任者(CIO)は「決算内容は予想を大きく下回り、今四半期の見通しも非常に弱かった。これが製品移行に伴うものなのか、それとも景気の混乱によるのかが気になるところだ」と述べ「アイフォーンは利益率が一段と高いが、売上高は予想よりもかなり低く、これが収益全体に響いた」との見方を示した。
   
 キャピタル・アドバイザーズ・グロース・ファンドの共同マネジャー、チャニング・スミス氏は「おそらく、多くの消費者がiPhone5の発売を待って、購入を先送りしたのだろう。同じような動きは、昨年iPhone 4Sが発売された時にも見られた。 そのため、現時点ではさほど懸念していない。世界経済は明らかに悪化しているが、アップルはこれまで、いかなる経済状況においても非常に好調なパフォーマンスを上げてきた」との見方を示した。
 
◎第2・四半期EPS(諸項目除外後)0.44ドル 市場予想は0.41ドル

 ◎第3・四半期売上高目標、レンジ中央値で第2・四半期からほぼ横ばい

 ◎顧客が新規発注に慎重と指摘

 ◎株価、時間外で一段安


 [ニューヨーク 23日 ロイター] 米半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)は23日、第3・四半期の売り上げが例年ほど伸びない見通しを示した。世界経済の先行き不透明感に直面した顧客が慎重姿勢をとっていることを理由に挙げた。この日発表した第2・四半期決算でも、売上高が前年同期から減少した。

 TIによると、6月から受注が減速し始めた。9月に出荷する予定の受注も予想より少ないとしている。

 テンプルトン最高経営責任者(CEO)は声明で「顧客や販売業者の在庫は低水準とみているが、世界経済環境が新規発注を一段と慎重にしている」と述べた。

 TIは第3・四半期売上高を32億1000万─34億7000万ドルと予想。予想レンジの中央値でみると、第2・四半期からほぼ横ばいとなる。TIの第3・四半期の増収率(前期比)は過去5年、平均6%となっている。

 マーチ最高財務責任者(CFO)はロイターに「確固とした結論とは言い切れないが、通常とは異なるというのがわれわれの認識だ」と述べ、「当社の顧客の在庫がかなり少ないというのがわれわれの見解だ。ということは、例年並みの需要があれば、われわれが在庫を積み上げたことは適切ということになる」と説明した。

 第2・四半期の利益は4億4600万ドル、1株あたり0.38ドル。前年同期は6億7200万ドル、1株0.56ドルだった。諸項目除外後の1株利益は0.44ドル。トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想は0.41ドルだった。
 売上高は34億6000万ドルから33億4000万ドルに減少した。アナリストの平均予想は33億5000万ドルだった。

 TI株は、23日の通常取引を約1.6%安で終えた後、時間外取引でさらに約1%下落した。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。