日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
日経225先物・オプション・TOPIX大口建玉情報
個人は大口について行けばかなりの確率で勝てます。 その大口の手口の公開です。とても貴重な情報ですよ。 日経225先物、オプション、TOPIXの 大口の建玉残(ポジション)を 毎週明けの第1市場開催日の夕刻に 最新情報を公開 ★ランキング 好きなものが1円でなんでも買えちゃうかも!? ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

『日経先物・オプション手口と建玉情報』へようこそ!

このブロマガは本当に儲けたいという方のみご購読ください!

やっばり個人は大口についていくだけですね

逆に言えば大口についていくだけで大儲けってことだね

管理人は

先物・オプション手口をしっかり把握していて

ガッポリ大儲けですわ

当ブログを活用し大儲けする方法

当ブログは

無料の通常記事とブロマガ(有料記事)の

2部構成となっております

無料記事は比較的に簡単に収集できる注目記事で

時間と手間さえかければ誰でも無料で得られるものです

一方ブロマガの記事は

個人が無料ではなかなか収集できない

とても重要な記事となっています

もうおわかりですよね

誰でも簡単に得られるような情報では

なかなか大儲けできません

他人を出し抜いて

はじめて儲けることができるのですからね

タダで楽して儲けるのは不可能なのですよ

多少費用を出すか

自分でせっせと動いて情報を収集するかのどちらかですよ

時間がなく手間をかけられない方には

ブロマガ購読をオススメします

たった1万円で大儲けできるチャンスが得られますよ

月額コースは当ブログでのブロマガが読み放題となります

ブロマガの掲載内容等は本ブログに掲載していますので

カテゴリをご覧ください

ブロマガメニュー http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/blog-entry-161.html

ブロマガサンプル http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/blog-entry-1733.html

他にその記事だけの読み切りの単独記事購読もあります

まずはお試しに単独記事の購読から始めるのもいいかもね

成功者は儲ける

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(カッコ内は前営業日比)
ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>
       終値       12932.73(‐312.95)
   前営業日終値    13245.68(+133.24)

ナスダック総合<.IXIC>
       終値       2937.29(‐74.64)
   前営業日終値    3011.93(+12.27)

S&P総合500種<.SPX>
       終値       1394.53(‐33.86)
   前営業日終値    1428.39(+11.13)
-------------------------------------------------------------------------------
 [ニューヨーク 7日 ロイター] 7日の米国株式市場は急反落。主要3指数がそろ
って2%超下落、ダウは300ポイント超値下りした。
 米大統領選でオバマ大統領の再選が決まり、市場の視点は、選挙後の米議会での「財政
の崖」をめぐる協議や欧州の経済情勢に移っている。
 S&P総合500種も6月21日以来の大幅な下げとなり、指数を構成する10セクタ
ー全てが値下りした。
 ニューヨーク証券取引所、ナスダックに上場する銘柄の80%以上がマイナス圏で引け
た。
 S&P総合500種は節目の1400ポイントを割り込むのは8月30日以来、ダウが
1万3000ドルを割り込むのは8月2日以来となる。
 
 ダウ工業株30種<.DJI>は312.95ドル(2.36%)安の1万2932.73ド
ル。
 ナスダック総合指数<.IXIC>は74.64ポイント(2.48%)安の2937.29。
 S&P総合500種<.SPX>は33.86ポイント(2.37%)安の1394.53。
 
 欧州委員会がこの日発表した秋季予測で、ユーロ圏の今年の成長率見通しを従来予想か
ら引き下げ、来年についてもプラス0.1%のわずかな成長にとどまるとの見通しを示し
たことも、欧州経済が短期的に改善することへの期待に水を差し、相場を圧迫した。
 
 アップルは3.8%安となりナスダックを押し下げた。9月につけた過去最高
値から20%超下落し弱気相場入りした。
 ロムニー候補の勝利を見込んでいた一部投資家の買いを集めて前日上昇していた防衛関
連株やエネルギー株に売りが出た。
 防衛関連株指数<.DFX>は2.9%安と1年ぶりの大幅な下げとなった。ユナイテッド・
テクノロジーズは2.9%安、ロッキード・マーチンは3.9%安。
 エネルギー株はオバマ政権下で規制が強化されるとの見方から売られ、アーチ・コール
は12.5%と急落した。ピーボディ・エナジーも9.6%安。
 金融株も同様の規制強化観測から売られ、JPモルガンが5.6%安、ゴール
ドマン・サックスも6.6%安となった。

 ヘルスケア関連株はまちまちとなった。オバマ大統領の再選を受け、医療改革法が全面
的に廃止される可能性はなくなったものの、実際に実施されるのはどういった内容になる
のかをめぐり不透明性が残っている。S&Pヘルスケア株指数<.GSPA>は1.9%安。テ
ネット・ヘルスケアは9.6%上昇した。
 今回の連邦議会の上下両院選では民主党が上院で過半数を、共和党が下院で過半数を維
持し、「ねじれ」議会が継続することになった。
 アメリプライス・フィナンシャルの首席マーケット・ストラテジスト、デービッド・ジ
ョイ氏は、「ねじれ」議会が継続することには失望させられると発言。「ねじれ」議会と
なっているためにこれまでの財政をめぐる協議は手詰まり状態になり、打開の糸口がみつ
けられていないと指摘した。
 
 ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、ナスダックの3市場の出来高は約
78億1000万株と、昨年の1日平均の78億4000万株を若干下回った。
 
スポンサーサイト
◇米国株、ダウ続伸25ドル高 3カ月半ぶり高値 米景気懸念が後退
【NQNニューヨーク=古江敦子】17日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比25ドル09セント(0.2%)高の1万3275ドル20セントと5月1日以来ほぼ3カ月半ぶりの高値で終えた。8月の米消費者態度指数(速報値)が前月から改善するなど、足元で良好な米経済指標が相次いでいる。米景気減速に対する過度な警戒感が和らぎ、買いが優勢になった。
 8月の米消費者態度指数(速報値、ミシガン大学調べ)が73.6と、7月の確報値である72.3から上昇した。7月の景気先行指標総合指数も前月比で市場予想以上に上昇。今週は主要な米経済指標の改善が目立ち、米景気の持ち直しへの期待が買いにつながった。
 世界経済の成長が想定ほど鈍化してないとの見方も相場を押し上げた。建設機械大手のキャタピラーが朝方発表した7月の全世界の建機販売の前年同月比の伸び率が1年3カ月ぶりに前月から拡大。航空機・機械のユナイテッド・テクノロジーズや化学のスリーエム(3M)など世界景気に業績が左右されやすい銘柄の上昇が目立った。
 一方、相場水準の高さに対する警戒感から目先の利益を確定する目的の売りも出て、上値は重かった。来週は欧州債務問題の解決に向けた政府高官らの会談が予定されており、結果を見極めたいとして積極的な取引が手控えられたとの声があった。膠着感が強く、ダウ平均の値幅は36ドル程度にとどまった。
 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3日続伸し、14.20ポイント(0.5%)高の3076.59と4月5日以来約4カ月ぶりの高値で終了した。新製品投入への期待が根強いアップルが4月10日につけた上場来高値を更新するなど堅調に推移し、指数の上昇をけん引した。
 業種別S&P500種株価指数(全10業種)は「IT(情報技術)」や「資本財・サービス」、「一般消費財・サービス」など5業種が上昇。「ヘルスケア」や「エネルギー」などが下げた。売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が約6億8000万株(速報値)、ナスダック市場は約16億株(同)だった。
 ダウ平均の構成銘柄では米銀大手バンク・オブ・アメリカやホームセンターのホーム・デポなどが上昇した。前日夕に市場予想を上回る四半期決算と通期の利益見通しの引き上げを発表した衣料品大手ギャップが大幅に上昇した。
 一方、製薬のメルクや半導体のインテルなどが下げた。四半期決算が市場予想に届かなかった半導体のマーベル・テクノロジー・グループが大幅に下げた。交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックは連日で上場来安値を更新した。
◇米国株、ダウ反発85ドル高 3カ月半ぶり高値 シスコでIT高い
【NQNニューヨーク=川内資子】16日の米株式市場で、ダウ工業株30種平均は反発した。前日比85ドル33セント(0.6%)高の1万3250ドル11セントと5月2日以来、約3カ月半ぶりの高値で終えた。ネットワーク機器大手シスコシステムズが好決算を発表し、IT(情報技術)株を中心に連想買いが広がった。
 「ドイツのメルケル首相が、欧州単一通貨ユーロの防衛のためあらゆる手段を取ると述べた」と伝わった。欧州債務問題を巡る警戒感が和らいだことも相場を支えた。
 足元で米10年物国債相場が下落し、利回りは上昇している。投資資金を債券から株式に移す動きがあるという。ダウ平均の上げ幅は100ドルを超える場面もあった。
 同日発表の米経済指標には強弱感が入り交じり、相場の反応は限られた。7月の住宅着工件数の落ち込みが目立った一方、先行指標とされる「着工許可件数」は大幅に増加した。8月のフィラデルフィア連銀景気指数は市場予想ほど改善しなかった。
 ナスダック総合株価指数は続伸。前日比31.46ポイント(1.0%)高の3062.39と、4月27日以来の高値で終えた。S&P500種株価指数は9.98ポイント(0.7%)高の1415.51と、4月2日以来の高値をつけた。
 業種別S&P500種株価指数は全10種のうち7業種が上昇した、「IT」や「素材」の値上がりが目立ち、「公益事業」や「ヘルスケア」、「電気通信サービス」が下げた。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約6億株(速報値)、ナスダック市場(同)は約18億9000万株だった。
 シスコは10%近く上昇。事業内容が近いジュニパー・ネットワークスやJDSユニフェーズも上げた。決算で赤字幅が縮小した総合小売りのシアーズ・ホールディングスも大幅に上昇した。
 一方、小売世界最大手のウォルマート・ストアーズや、ディスカウントストアのダラー・ツリーが下げた。両銘柄ともに利益予想の水準が物足りないとして売りが広がった。交流サイト(SNS)最大手のフェイスブックは上場来安値を更新した。上場前からの一部株主による株式売却が可能になり、需給が悪化するとの思惑を巻き込んで1日を通じてさえない展開となった。
◇米国株小動き、ダウ小反落7ドル安 ナスダック3カ月半ぶり高値
【NQNニューヨーク=横内理恵】15日の米株式相場は小幅にもみ合った。ダウ工業株30種平均は小反落し、前日比7ドル36セント(0.1%)安の1万3164ドル78セントだった。主な株価指数が5月上旬以来の高値圏にあるため、利益確定や持ち高調整目的の売りが出た。ただ、一部の米景気指標の改善を背景に下値も堅かった。夏季休暇シーズンで取引が細るなか、積極的な売りも出にくかった。
 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は反発し、前日比13.95ポイント(0.5%)高の3030.93と5月2日以来約3カ月半ぶりの高値で終えた。
 同日発表の米経済指標は全体として強弱まちまちの内容。8月の全米住宅建設業協会(NAHB)の住宅市場指数が5年半ぶりの高水準を回復し、7月の鉱工業生産指数は市場予想並みながら前月比0.6%上昇した。一方、8月のニューヨーク連銀景気指数は10カ月ぶりに景気判断の分かれ目であるゼロを下回った。7月の消費者物価指数(CPI)は前月比で横ばいだった。
 朝方はニューヨーク連銀景気指数の悪化を嫌気した売りが出る場面があったが、ダウ平均の下落幅は最大でも33ドル程度だった。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約5億株(速報)、ナスダック市場は約14億9000万株(同)と少なかった。業種別S&P500種株価指数(全10業種)は「公益事業」など3業種が下げ、「一般消費財・サービス」など7業種が上昇した。
 四半期決算の発表とあわせて12年10月期通期の利益見通しを引き下げた農機・建機のディアが大幅安。建機部門で競合するキャタピラーもつれ安した。13年1月期の収益見通しを引き下げた事務用品販売のステープルズにも売りが膨らんだ。
 半面、決算と同時に1株利益見通しを引き上げたターゲットが上昇。決算は減益だったが自社株買いを発表したカジュアル衣料大手のアバクロンビー・アンド・フィッチも大幅上昇した。
◇米国株、ダウ小反発2ドル高 小売株が高い ナスダックは反落
【NQNニューヨーク=大石祥代】14日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に反発し、前日比2ドル71セント(0.0%)高の1万3172ドル14セントで終えた。米小売企業の好決算を受けて米経済のけん引役である個人消費が底堅いとの見方が広がり、小売株を中心に買いが優勢になった。
 ホームセンター大手のホーム・デポが5~7月期の増収増益決算を発表し、3%あまり上昇した。四半期の純利益が前年同期の3倍近くになった高級服飾ブランドのマイケル・コース・ホールディングスは急伸。赤字決算だったが市場予想ほど損益が悪化しなかった高級百貨店のサックスも買われた。
 景気指標では7月の米小売売上高が4カ月ぶりに前月比で増加に転じて市場予想も上回り、消費関連株を支える要因になった。
 ただ、ダウ平均の上値は重かった。株式相場は最近まで急ピッチで水準を切り上げてきたため、目先の利益を確定する目的の売りも出やすかった。ダウ平均は取引終了間際には小安くなる場面もあった。
 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに反落し、前日比5.54ポイント(0.2%)安の3016.98で終えた。IT(情報技術)のシスコシステムズや半導体のインテルなどの下げが響いた。
 業種別S&P500種株価指数は全10業種のうち「素材」「IT」など7種類が下落。一方、「生活必需品」「ヘルスケア」などが上げた。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約5億7000万株(速報値)、ナスダック市場は約15億4000万株(同)と、引き続き低水準だった。
 小売株では16日に決算発表を控えるウォルマート・ストアーズも堅調。増収増益決算を発表した化粧品のエスティ・ローダーが9%高と買われた。
 一方、非鉄のアルコアやITのヒューレット・パッカード(HP)が下げた。前日夕に発表した四半期決算で売上高見通しが市場予想を下回ったクーポン共同購入サイトのグルーポンが27%安と急落した。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。