日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇米国株、ダウ反落72ドル安 地区連銀報告で心理悪化 IT安い
【NQNニューヨーク=増永裕樹】19日の米株式相場は反落し、ダウ工業株30種平均は前日比72ドル43セント(0.6%)安の1万1504ドル62セントで終えた。米連邦準備理事会(FRB)が午後発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)が米景気の先行きに慎重な見方を示し、投資家の景況観が悪化。IT(情報技術)の代表銘柄であるアップル株の下落も心理的な重荷となった。
 FRBは午後2時に発表したベージュブックで足元の景気認識をやや上方修正する一方、「企業の景気見通しは全般的により不確かになっている」と指摘。FRBは景気の先行きを慎重にみているとの観測が浮上し、取引終了にかけて目先の利益をひとまず確定する売りが広がった。
 ただ、ダウ平均は午後半ばまで小高い場面が目立った。朝方発表の9月の住宅着工件数が大幅に増加。米景気の現状は想定ほど悪くないと見方が一時広がり、買いを呼び込んだ。
 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は前日比53.39ポイント(2.0%)安の2604.04で終えた。前日夕に市場予想を下回る四半期決算を発表したアップルが大幅に下落。IT関連株全般に連想売りが広がり、指数を押し下げた。
 業種別S&P500種株価指数は全10業種のうち9業種が下落。「素材」や「IT」の下げが目立った。「公益事業」は上げた。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約9億6000万株(速報値)、ナスダック市場は約19億3000万株(同)だった。
 ネットワーク機器のシスコシステムズやパソコン大手のヒューレット・パッカード(HP)が下げ、非鉄のアルコアの値下がりも目立った。同日発表した四半期決算で利益率が悪化した航空機・機械大手のユナイテッド・テクノロジーズも下落。大手銀のバンク・オブ・アメリカやJPモルガン・チェースも売りに押された。
 一方、保険のトラベラーズが大幅高。19日発表した四半期決算で契約更新時の保険料率の上昇傾向が明らかとなり、収益改善期待が広がった。市場予想を上回る四半期決算を発表した金融のモルガン・スタンレーは小幅高だった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/tb.php/6558-452ef440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。