日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[先物OP市場データ]
*07:05JST 先物OP手口コメント:10月25日
----
10月25日
先物(差引き上位5社) 売り 買い
日経225 12月限 モルガンS -3589 NエッジJ +1269
クレディS -769 バークレイ +1140
ABNアムロC -760 JPモルガン +774
ソシエテ -585 大和CM +575
みずほ証券 -483 SBI +491

3月限 三菱UFJ -183 NエッジJ +213
カブドット -48 ABNアムロC +22
日産セン -16 SBI +8
フィリップ -8 マネックス +5
光世 -5 松井 +4

日経ミニ 11月限 NエッジJ -3848 ABNアムロC +3121
GS -1093 楽天 +833
RBS -494 三菱UFJ +435
クレディS -312 マネックス +258
バークレイ -210 カブドット +251

12月限 BNPパリバ -4730 野村 +4749
ソシエテ -3261 楽天 +2788
NエッジJ -3167 SBI +2256
モルガンS -2637 カブドット +2102
バークレイ -1739 みずほ証券 +1295

TOPIX 12月限 クレディS -2803 HSBC +1663
モルガンS -840 GS +1319
NエッジJ -677 野村 +465
大和CM -411 BNPパリバ +464
ドイツ -323 メリル +433

3月限 カブドット -1 NエッジJ +1

※イブニング、立会外、及びTOPIXのスプレッドは含まない


OP(差引き上位5社) 売り 買い
8250 PUT 11 GS -574 UBS +523
ABNアムロC -490 メリル +512
インブロー -359 ドイツ +270
カブドット -87 廣田 +147
東洋 -35 岩井 +59

8500 PUT 11 BNPパリバ -550 メリル +442
大和CM -200 NエッジJ +132
クレディS -175 ABNアムロC +122
シティG -80 みずほ証券 +95
インブロー -42 マネックス +76

8750 PUT 11 UBS -437 メリル +263
BNPパリバ -133 クレディS +233
ドイツ -100 GS +204
モルガンS -100 SBI +163
松井 -64 ABNアムロC +104

9000 PUT 11 SBI -152 UBS +64
フィリップ -24 NエッジJ +56
シティG -5 ABNアムロC +31
松井 -4 ソシエテ +30
豊証券 -4 ライブスタ +9

9250 PUT 11 NエッジJ -9 UBS +6
- ABNアムロC +3


8250 CALL 11 ABNアムロC -10 NエッジJ +10


8500 CALL 11 NエッジJ -10 SBI +12
野村 -10 大和 +10
ABNアムロC -9 JPモルガン +3
松井 -1 日産セン +2
- カブドット +1

8750 CALL 11 BNPパリバ -109 メリル +251
ドイツ -100 クレディS +99
モルガンS -35 UBS +29
ソシエテ -33 三菱UFJ +21
野村 -21 楽天 +15

9000 CALL 11 ABNアムロC -468 ドイツ +700
NエッジJ -241 野村 +201
メリル -151 RBS +78
みずほ証券 -85 クレディS +42
バークレイ -57 三菱UFJ +36

9250 CALL 11 バークレイ -603 GS +300
みずほ証券 -473 ABNアムロC +267
インブロー -182 野村 +253
東海東京 -86 UBS +205
日の出 -74 SBI +160
-----

先物OP手口コメント:10月25日
 指数先物は欧米株高を受け朝方こそ小幅上昇となったが、10月17日から18日のマド(8860円)を埋めたあとは、昨日とは逆に債先の上昇とともに株先は下落する展開となった。出来高は3日ぶりの3万枚(日経225日中)となったが、低調な状況に変化はない。
 日経225はモルガンSの大幅売り超が目立ち、ほぼ一手売りの状態となっている。買いは昨日に続きニューエッジJを筆頭にバークレイスなどが目立っており、ニューエッジJまどはSGXとのアビトラが多かったと思われる。一方、TOPIXの売りは久々にクレディSが目立つ格好となっている。こちらも一手売り状態で、「債先買い、株先売り」が多かったと思われる。買いは普段あまり目立つことのないHSBCと、昨日売り超だったGSが目立っていた。一方、立会外では日経225で後場寄りでの日経225型インデックス売買にともなう大口クロス(合計1373枚=225型5.5万株分)があり、売り(インデックス買い)がみずほ証、買い(インデックス売り)が野村やソシエテなどであったと思われる。
 オプションのインプライドボラ(ATMからアウト5行使価格の平均)は若干低下(ヒストリカルも若干低下)。出来高は8250円プットの7千枚、9250円コールの5千枚がそれぞれ最も多く、その他のATM(アット・ザ・マネー)付近は1千~3千枚程度となっていた。特に目立つ手口はなく、建玉は小幅な増減となった。
《MT》

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/tb.php/6598-bb17b60f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。