日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[先物OP市場データ]
*07:04JST 先物OP手口コメント:11月2日
----
11月02日
先物(差引き上位5社) 売り 買い
日経225 12月限 JPモルガン -3714 GS +2697
クレディS -2772 野村 +2618
NエッジJ -2271 ABNアムロC +1707
モルガンS -910 バークレイ +883
BNPパリバ -860 Gクリック +875

3月限 ABNアムロC -56 岡三 +15
ライブスタ -14 マネックス +11
NエッジJ -8 SBI +10
日産セン -1 三菱UFJ +10
岩井 -1 楽天 +8

日経ミニ 11月限 三菱UFJ -1664 ABNアムロC +3702
GS -1193 楽天 +286
シティG -950 マネックス +241
NエッジJ -450 BNPパリバ +136
Gクリック -180 岡三 +104

12月限 ABNアムロC -7174 楽天 +5098
みずほ証券 -6668 山和証 +3490
NエッジJ -6066 SBI +3432
廣田 -3728 モルガンS +2734
岡三 -2245 カブドット +2041

TOPIX 12月限 GS -3622 モルガンS +4050
クレディS -2330 NエッジJ +1794
JPモルガン -2207 みずほ証券 +1700
大和CM -1346 BNPパリバ +1427
UBS -1064 メリル +1248

3月限 カブドット -7 光世 +7

※イブニング、立会外、及びTOPIXのスプレッドは含まない


OP(差引き上位5社) 売り 買い
8250 PUT 11 NエッジJ -739 メリル +1011
GS -629 インブロー +561
ABNアムロC -329 ライブスタ +157
大和CM -250 ソシエテ +129
松井 -62 みずほ証券 +113

8500 PUT 11 みずほ証券 -1410 ABNアムロC +839
GS -837 三菱UFJ +550
野村 -250 クレディS +398
シティG -185 大和CM +300
メリル -163 UBS +270

8750 PUT 11 GS -839 ABNアムロC +811
メリル -528 NエッジJ +722
みずほ証券 -363 UBS +384
ドイツ -250 インブロー +195
シティG -185 ソシエテ +92

9000 PUT 11 クレディS -199 SBI +90
UBS -90 ABNアムロC +86
楽天 -14 NエッジJ +53
東海東京 -3 カブドット +30
Gクリック -2 モルガンS +21

9250 PUT 11 野村 -10 SBI +11
ABNアムロC -9 NエッジJ +8
Gクリック -2 松井 +3
UBS -1 日産セン +2
マネックス -1 ライブスタ +1

8250 CALL 11 NエッジJ -5 ABNアムロC +5
SBI -1 マネックス +1


8500 CALL 11 NエッジJ -84 ソシエテ +76
SBI -31 UBS +49
シティG -30 ABNアムロC +33
松井 -28 バークレイ +30
楽天 -9 三菱UFJ +13

8750 CALL 11 メリル -396 ドイツ +700
GS -155 みずほ証券 +278
UBS -133 インブロー +168
モルガンS -100 三菱UFJ +85
ソシエテ -99 東洋 +30

9000 CALL 11 SBI -503 GS +1066
シティG -383 NエッジJ +288
カブドット -274 松井 +175
インブロー -259 マネックス +151
大和 -239 三菱UFJ +130

9250 CALL 11 UBS -733 メリル +755
ドイツ -500 シティG +500
カブドット -468 インブロー +496
バークレイ -400 GS +489
みずほ証券 -325 野村 +450
-----

先物OP手口コメント:11月2日
 指数先物は3日続落となり、海外株の下落から2日連続でのオープニング・ギャップをともなう下落となった。一方、10月下旬に付けた安値(21日と26日の8650円)を1ティックブレイクするも、日中の値幅は上下70円と小幅な値動きとなった。
 日経225の売りはJPモルガンを筆頭に、クレディスイスとニューエッジJの欧州系2社が目立っていた。ニューエッジJはTOPIX買いでNTショートのかたちとなっているが、クレディスイスとともにCTAによる「債先買い、株先売り」もあったと思われる。買いはGSと野村、ABNアムロなどが目立っていた。一方、TOPIXの売りは昨日大幅買い超だったGSとなっているため、GSはこの日NTロングとなっている。以下、日経225と同じクレディスイス、JPモルガンなどが目立っていた。また、買いは昨日のGSに代わりモルガンの4千枚を超える大幅買い超が目立ち、ニューエッジJ、みずほ証などがこれに続く。ニューエッジJは日経225売りでNTショート。立会外では日経225で後場寄りと大引けでの日経225型インデックス売買にともなうクロス(合計999枚+1618枚=225型4万+6.5万株分)があり、売り(インデックス買い)が大和CMとパリバ、買い(インデックス売り)がクレディスイスとGSなどであったと思われる。他には野村の大口クロスが日経225(1400枚)とTOPIX(1900枚)の両方であった。
 オプションのインプライドボラ(ATMからアウト5行使価格の平均)は大幅上昇(ヒストリカルも上昇)。出来高は8500円と8250円のプット、及び9000円と9250円のコールで1万枚を超えた。建玉は9000円コールで大幅増加した他はプットサイドも含め減少する行使価格が多かった。手口は8500円プットでみずほ証の売り、8250円プットでメリルの買い、9000円コールでGSの買いなどが目立っていた。また、立会外では9250円コールで野村の売りに対しモルガンの買いによる大口クロス(1000枚)があった。
《MT》

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/tb.php/6654-03478653
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。