日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇米国株、3日ぶり大幅反落 ダウ389ドル安、欧州問題への懸念で
【NQNニューヨーク=川内資子】9日の米株式市場は3営業日ぶりに大幅に反落。ダウ工業株30種平均は前日比389ドル24セント(3.2%)安の1万1780ドル94セントで終えた。下げ幅は9月22日以来の大きさだった。欧州債務問題を巡る懸念が改めて強まり、投資家が運用リスクを取りにくくなるとの見方から売りが優勢となった。
 財政問題や政局混迷への懸念が強まるイタリアの10年物国債利回りが連日でユーロ導入後の最高(価格は最低)を更新。9日は財政運営の持続性が危ぶまれる水準とされる7%を上回った。債務残高が大きいイタリアの市場での資金調達が難しくなれば金融市場が混乱するとの懸念が一段と強まった。欧州株式相場が下落し、米市場でも金融株を中心に売りが優勢となった。
 午後にかけて相場は一段安となり、ダウ平均の下げ幅は一時430ドルあまりに達した。独紙が「メルケル独首相のキリスト教民主同盟(CDU)が、ユーロ圏加盟国がユーロ圏から脱退できる制度を作ることを検討している」と報じ、欧州問題への懸念が一段と強まったとの声があった。
 ナスダック総合株価指数は同105.84ポイント(3.9%)安の2621.65で終えた。
 業種別S&P500種株価指数では全10種が下落。「金融」や「素材」の下げが目立った。ダウ平均構成銘柄は全30銘柄が下落。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約11億1000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約21億1000万株だった。
 減益決算と同時に発表した業績見通しが慎重と受け止められた自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が11%下落。決算と併せて利益率悪化の見通しを発表したッファッション大手ポロ・ラルフローレンも大幅に下げた。10~12月期の1株利益の見通しが市場予想を下回った百貨店メーシーズは下落。
 決算が予想を上回ったハンバーガーチェーン大手ウェンディーズは相場全体の売りに押され、下落した。ダウ平均構成銘柄ではJPモルガン・チェースが7%下落し、下落率首位だった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/tb.php/6677-2b3dc0b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。