日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[先物OP市場データ]
*07:17JST 先物OP手口コメント:11月10日
----
11月10日
先物(差引き上位5社) 売り 買い
日経225 12月限 UBS -2505 野村 +1914
JPモルガン -1158 大和CM +950
ABNアムロC -1117 クレディS +891
Gクリック -755 GS +768
みずほ証券 -626 安藤 +740

3月限 ABNアムロC -78 SBI +55
NエッジJ -60 カブドット +23
日産セン -11 Gクリック +23
大和 -2 東海東京 +10
証券JP -2 三京証 +8

日経ミニ 11月限 インブロー -1843 ABNアムロC +2279
みずほ証券 -1482 NエッジJ +1462
SBI -641 バークレイ +1200
だいこう -617 RBS +758
UBS -607 安藤 +223

12月限 NエッジJ -9918 山和証 +3507
水戸 -3595 カブドット +2477
ABNアムロC -3100 楽天 +2258
安藤 -1981 岡三 +2244
バークレイ -1339 モルガンS +2132

TOPIX 12月限 GS -1328 BNPパリバ +1611
NエッジJ -1151 モルガンS +1104
大和CM -897 野村 +740
バークレイ -699 ドイツ +713
JPモルガン -269 三菱UFJ +73

3月限 NエッジJ -6 カブドット +8
光世 -2 -

※イブニング、立会外、及びTOPIXのスプレッドは含まない


OP(差引き上位5社) 売り 買い
8000 PUT 11 GS -700 大和CM +2260
モルガンS -554 UBS +355
NエッジJ -411 メリル +248
SBI -306 ABNアムロC +119
楽天 -237 廣田 +101

8250 PUT 11 インブロー -2219 野村 +2031
シティG -1747 BNPパリバ +1144
UBS -514 GS +579
みずほ証券 -393 NエッジJ +507
ドイツ -309 JPモルガン +400

8500 PUT 11 ドイツ -739 インブロー +1308
モルガンS -686 野村 +747
三菱UFJ -546 SBI +387
クレディS -449 みずほ証券 +374
GS -400 シティG +366

8750 PUT 11 クレディS -335 NエッジJ +126
UBS -68 SBI +62
ABNアムロC -55 ライブスタ +55
RBS -15 インブロー +47
松井 -12 野村 +41

9000 PUT 11 ABNアムロC -65 SBI +24
GS -37 NエッジJ +23
野村 -15 松井 +23
マネックス -3 楽天 +22
カブドット -2 Gクリック +10

8000 CALL 11 ABNアムロC -3 NエッジJ +5
クレディS -2 -


8250 CALL 11 ABNアムロC -14 UBS +14
SBI -11 インブロー +10
カブドット -9 NエッジJ +6
Gクリック -2 安藤 +6
大和 -2 GS +2

8500 CALL 11 SBI -260 ABNアムロC +495
カブドット -249 野村 +289
GS -243 みずほ証券 +177
松井 -160 UBS +108
シティG -71 JPモルガン +50

8750 CALL 11 みずほ証券 -1659 UBS +1080
大和 -518 野村 +1077
カブドット -479 JPモルガン +680
だいこう -355 シティG +516
ドイツ -246 BNPパリバ +500

9000 CALL 11 廣田 -512 カブドット +711
GS -400 極東証 +240
ちばぎん -305 SBI +213
ひびき証 -279 だいこう +197
日産セン -184 東洋 +190
-----

先物OP手口コメント:11月10日
 指数先物は欧米株の下落を受け朝方から下げ幅を拡大。オープニング・ギャップで10月中旬以降のレンジ下限(8650円、8640円)を下回ると、小幅な値動きながら午後には債先の上伸とともに8500円台を割り込む展開となった。
 日経225ではUBSの大幅売り超が目立つ。以下、先週末からの継続した売り方となっているABNアムロが引き続き売りで、逆に買いを継続していたJPモルガンも売り方の上位となっている。一方、買いは野村が目立つ程度。指数下落にともなう日銀のETF買いにともなう買いと思われる。TOPIXの売りはGSとニューエッジJ、買いはパリバやモルガンなどが目立っていた。立会外ではリバーサル・コンバージョンの組成にともなう大口クロスの他、後場寄りと大引けでのインデックス売買にともなうクロス(合計5467枚=225型21.9万株分)があり、売り(インデックス買い)がドイツ、大和CM、モルガン、クレディスイス、バークレイスなど、買い(インデックス売り)がみずほ証、HSBCなどであったと思われる。一方、TOPIXではモルガン(1300枚)やクレディスイス(1100枚)の大口クロスがあった。
 オプションのインプライドボラ(期先ATM)は上昇(ヒストリカルも上昇)。出来高は8250円プットで1万8千枚と膨らみ、8500円と8000円プット、9000円コールも1万枚を超えた。建玉は8500円と8750円コールの大幅増加が目立つ。SQを控え手口は8500円プットでインタラクティブの買い、8250円プットは逆にインタラクティブやシティGの売りと野村やパリバの買い、8000円プットで大和CMの買い、8750円コールではみずほ証の売りとUBSや野村の買いなどが目立っていた。また、立会外では行使価格8500円でリバーサル(みずほ証など)・コンバージョン(ドイツ証やバークレイスなど)の組成(合計5000枚)が膨らんだ。
《MT》

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/tb.php/6690-4837fab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。