日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ベルリン 23日 ロイター] 23日実施されたドイツ10年物国債入札が低調な結果をとなったことを受けて、欧州債務危機がユーロ圏最大の経済規模を誇るドイツをも脅かしつつあるのではとの懸念が高まっている。
 
 独連邦債10年物入札は、金融機関からの応募が予定額に届かない札割れとなった。
 表面利率が2%と、10年債としては過去最低水準だったことに加え、欧州債務危機の拡大でドイツの財政負担が増えるとの懸念が強まっていることが背景。
 予定額の60億ユーロのうち、ドイツ連銀が全体の39%を購入。金融機関による落札は36億4400万ユーロにとどまった。
 平均利回りは1.98%。10月の入札では2.09%だった。
 モニュメント証券のストラテジスト、マーク・オストワルド氏は「極めてひどい結果となった。今年最悪の入札だ」と指摘した。
 ユーロ懐疑派で、ドイツ連立与党の一角、自由民主党(FDP)のシェフラー議員はロイターに対し、入札結果は「債務危機がこれまで以上に深刻化しており、ドイツにも波及しつつあることを物語っている」との認識を示した。

 経営危機に陥った仏・ベルギー系の金融サービスグループ、デクシアの救済をめぐり、ベルギー政府がフランス政府に対し、救済コストの負担を増やすよう働きかけているとのベルギー国内紙の報道も、投資家の懸念を増幅した。
 これに加え、格付け会社フィッチ・レーティングスは、ユーロ圏危機の悪化はフランス国債の「AAA」格付けをリスクにさらす恐れがあるとの見解を示した。 
 フィッチはフランスの財政に関する特別報告書で、公的債務が増加しているため、マイナスのショックが起きた場合に「AAA」格付けが脅かされるリスクが高まっていると指摘。「フランスに関する主な懸念は、ユーロ圏の危機が高まり予想外の負債が生じて債務状況が悪化することだ」と説明した。

 さえない独入札を嫌気し、ユーロ/ドルは1.336ドルに下落。欧州株は7週間ぶり安値をつけた。 
 また独連邦債10年物利回りは14.5ベーシスポイント(bp)上昇の2.056%と、10月初旬以来初めて米10年債利回りを上回った。
  
 ドイツ財務省のコットハウス報道官は23日、入札結果を受けて、同国が今後借り換え問題に直面することはないとの考えを示した。
 だが今回の入札結果は、欧州債務危機が引き続き悪化した場合、ドイツも徐々に圧迫される可能性があることを示唆している。
 格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)のデービッド・ビアーズ氏は「ドイツ国債の利回りに上向きの圧力があるのは明らか」と指摘。ドイツが包括的な危機戦略への反対姿勢を考え直すきっかけになるかもしれないと述べた。

 だがメルケル独首相は下院での演説で、危機対策で欧州中央銀行(ECB)が踏み込んだ対策を講じることにあらためて反対する姿勢を強調。この日欧州委員会のバローゾ委員長がユーロ圏共同債構想に関し3つの選択肢を提示したことについても、「極めて不適切」と断じた。
 一方、フランスのバロワン経済・財政・産業相は「わが国の立場からすると、イタリアやスペインなどへの危機波及を防ぐ最善の方法は、最後の貸し手である欧州中央銀行(ECB)が介入する、もしくは介入を表明することだ」と主張。
 債務危機の包括戦略をめぐり、ユーロ圏2大国である独仏の溝が依然として深いことを浮き彫りにした。
 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/tb.php/6760-bd1ef170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。