日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ニューヨーク 27日 ロイター] 全米小売業協会(NRF)によると、感謝祭後の週末の1人当たりの平均消費額は前年に比べ9.1%増加した。セール品を狙った購買が中心だった。
 NRFの調査によると、ブラックフライデー(感謝祭の翌日)を含む週末に店舗やオンラインで買い物をした人は2億2600万人となり、前年の2億1200万人から増加した。
 調査による推計では、1人当たりの平均支出額は398.62ドルとなり、前年の365.34ドルから増加した。24─27日の購買総額は前年比16.4%増の524億ドルと過去最高。前年は450億ドルだった。
 半分近くが百貨店を訪れており、ディスカウント店は約38%、電化製品の量販店には31%近くが足を運んだという。
 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/tb.php/6771-05ce2f89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。