日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[先物OP市場データ]
*06:51JST 先物OP手口コメント:4月4日
----
04月04日
先物(差引き上位5社) 売り 買い
日経225 6月限 JPモルガン -3145 三菱UFJ +2482
GS -1318 カブドット +1448
メリル -1238 安藤 +1062
ドイツ -1112 モルガン S +918
バークレイ -238 大和 +469

9月限 AアムロC -81 カブドット +50
日産セン -26 NエッジJ +18
岡三 -7 SBI +14
岩井 -5 Gクリック +12
光世 -2 松井 +10

日経ミニ 4月限 GS -4393 AアムロC +6824
NエッジJ -1060 インブロー +313
みずほ証券 -900 日産セン +244
安藤 -569 だいこう +229
BNPパリバ -443 マネックス +113

5月限 NエッジJ -735 インブロー +256
SBI -79 マネックス +169
松井 -63 カブドット +157
安藤 -7 楽天 +139
AアムロC +100

TOPIX 6月限 三菱UFJ -1955 モルガン S +2460
JPモルガン -1686 メリル +1527
ドイツ -1016 大和 +777
シティG -744 SMBCフレ +651
バークレイ -407 岡三 +554

9月限 -


※日経225はスプレッド、TOPIXはスプレッドと前日イブニングを含む


OP(差引き上位5社)
9250円 PUT 4限 BNPパリバ -776 AアムロC +1452
SBI -390 ドイツ +300
東洋 -335 廣田 +191
みずほ証券 -247 UBS +142
インブロー -190 NエッジJ +135

9500円 PUT 4限 メリル -1028 UBS +976
AアムロC -882 野村 +660
NエッジJ -395 GS +615
BNPパリバ -359 ドイツ +400
みずほ証券 -330 大和 +324

9750円 PUT 4限 GS -1996 AアムロC +2000
モルガン S -1649 NエッジJ +1019
ドイツ -532 CS +721
みずほ証券 -227 SMBC FRID +613
メリル -191 ソシエテ +371

10000円 PUT 4限 AアムロC -724 GS +928
みずほ証券 -516 NエッジJ +793
メリル -317 SBI +152
CS -194 JPモルガン +100
ソシエテ -95 BNPパリバ +88

10250円 PUT 4限 UBS -106 SBI +154
AアムロC -100 CS +51
GS -77 松井 +19
BNPパリバ -9 カブドット +15
NエッジJ -5 岩井 +14


OP(差引き上位5社)
9250円 CALL 4限 メリル -11 UBS +17
CS -6 東海東京 +3
NエッジJ -3 SBI +2
AアムロC -2 エイチエス +1
むさし証 -2 三菱UFJ +1

9500円 CALL 4限 AアムロC -122 楽天 +31
UBS -5 NエッジJ +30
BNPパリバ -5 GS +24
東海東京 -1 SBI +21
メリル 0 松井 +6

9750円 CALL 4限 BNPパリバ -263 GS +162
SBI -142 CS +153
松井 -36 UBS +92
楽天 -28 NエッジJ +48
大和 -25 ソシエテ +47

10000円 CALL 4限 AアムロC -2469 GS +5420
NエッジJ -1712 みずほ証券 +408
BNPパリバ -734 SBI +349
UBS -498 JPモルガン +313
メリル -495 モルガン S +300

10250円 CALL 4限 NエッジJ -893 みずほ証券 +1387
インブロー -850 GS +510
AアムロC -806 BNPパリバ +360
東洋 -653 ソシエテ +308
廣田 -356 メリル +291

-----
先物OP手口コメント:4月4日
 225先物は、寄付き後は膠着感を強めたが、10時過ぎからまとまった売りが入り始めじりじりと下落。10時30分に、2月の豪貿易統計が予想外の赤字となり豪ドルが急落。このタイミングで10000円を割り込むと、ストップロスを巻き込んだ仕掛け的な動きが入り下げ幅を拡大。午後にも何度か仕掛け的な売りが観測されたことから、現物市場では押し目買いは見送られ、指数は4日の安値圏で取引を終えた。 225先物の手口では、JPモルガンが3145枚の売り越し(買い方見えず)で売り筆頭となった。これに、GSの1318枚、メリルの1238枚(買い方見えず)、ドイツ証の1112枚(買い方見えず)が続いた。一方、買い方は、ともに売り方見えずではあるが、三菱UFJの2482枚、カブコムの1448枚と国内勢が並んだ。なお、Nエッジが1万8000枚前後の大商いを行っていたことから、仕掛け的な売りの本尊ではないかとの観測。TOPIXでは、三菱UFJ、JPモルガン、ドイツ証の売りに対して、モルガン、メリルが買いに回った。
 オプションのインプライドボラ(ATM)は上昇(ヒストリカルも上昇)。コールサイドの売買高は、10250円で2万9000枚と大商いとなった。一方、プットサイドでも、9500円と9750円でそれぞれ2万9000枚前後と出来高が膨らんだ。建玉残高は、コールサイドで小幅な変動に留まったが、プットサイドでは、9250円や9750円で増加。なお、建玉残高は301万枚となり、1989年の取引開始以来初めて300万枚を超えた。コールサイドの手口では、10000円でAアムロが2400枚売り越し、GSが5400枚の大幅な買い越し。一方、プットサイドでは、9750円でGSが1900枚売り越し、Aアムロが2000枚を買い越しとAアムロとGSの商いが非常に目立った。
《MT》

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/tb.php/6953-7883bd69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。