日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[27日 ロイター] 米投資情報週刊紙バロンズ(5月28日号)に掲載された記事によると、米半導体大手インテルの株価は、スマートフォン(多機能携帯電話)やその他のワイヤレス携帯デバイス市場への進出拡大に伴い、今後2年間に最大50%上昇する可能性がある。
 クラウドストレージの複数の主要プロバイダーが、インテルのプロセッサーをサーバーに利用していることから、クラウドコンピューティング事業の成長もインテル株の押し上げ要因になるという。
 バロンズの記事は、インテルの新たな低電力チップが今後数カ月間に、インド、中国、フランス、英国、米国のスマートフォン市場でシェアを拡大するとしている。
 同誌によると、ハイマーク・キャピタル・マネジメントのポートフォリオマネジャー、トッド・ローエンスタイン氏は記事の中で、「インテルは、スマートフォンとタブレット端末市場で間もなく、手ごわい競争相手になるだろう」と指摘。この見方をインテルの株価にまだ織り込んでいないことに言及した。
 同氏は、今後2年間のインテルの目標株価を38─40ドルとしている。インテル株は25日の米株市場を25.74ドルで終了した。
 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/tb.php/7250-43db4982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
[27日 ロイター] 米投資情報週刊紙バロンズ(5月28日号)に掲載された記事によると、米半導体大手インテルの株価は、スマートフォン(多機能携帯電話)やその他のワイヤレス携帯デバイス市場への進出拡大に伴い、今後2年間に最大50%上昇する可能性がある。 ?...
2012/05/28(月) 13:34:25 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。