日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[29日 ロイター] 米バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのアナリストは、ゴールドマン・サックスなど米銀大手4行の第2・四半期の営業利益見通しを引き下げ、国内の大手行はトレーディング収入の減少や投資銀行業務の業績不振に加え、経済への懸念に圧迫されていると指摘した。
 ゴールドマンの営業利益見通しは1株当たり2.47ドルから1.15ドルに修正。
 モルガン・スタンレーの見通しは0.48ドルから0.38ドルに引き下げ、リテール部門の業績悪化と運用資産の減少を背景にトレーディング収入と手数料収入が減少する見込みとした。
 シティグループの営業利益見通しは1株1.03ドルから0.94ドル、JPモルガン・チェースの見通しは0.67ドルから0.61ドルに下方修正した。

 バンカメ・メリルのアナリストは、顧客向けノートの中で、マクロ経済をめぐる懸念が引き続き投資家を圧迫していると指摘。JPモルガンの20億ドルのトレーディング損失を受け、規制が一段と厳しくなる可能性も高まっているとの見方を示した。
 同社は、JPモルガンの最高投資戦略室(CIO)のポートフォリオが第2・四半期に30億ドルの損失を計上すると予想している。
 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/tb.php/7268-9e088d72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
[29日 ロイター] 米バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのアナリストは、ゴールドマン・サックスなど米銀大手4行の第2・四半期の営業利益見通しを引き下げ、国内の大手行はトレーディング収入の減少や投資銀行業務の業績不振に加え、経済への懸念に圧迫されてい...
2012/05/30(水) 15:32:18 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。