日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ニューヨーク 26日 ロイター] 米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、米経済がリセッションに逆戻りする二番底リスクは現時点で20%程度との見方を示した。ただ、基本的シナリオとしては依然、緩やかな景気回復を見込んでいると説明した。

 同社はリリースで、二番底が依然として現実的なリスクだと指摘。この中でS&Pのシニアエコノミスト、ベス・アン・ボビーノ氏は、米経済が「日本型」の長期にわたるスタグネーションに陥る可能性に言及し、「米日の状況には違いもあるが、問題は似通っている。米政策当局者が日本の失敗から教訓を学んでいることを願う」としている。
 同社は昨年、米国債の長期格付けを最上級の「AAA」から「AAプラス」へと1段階引き下げ、政府の強い反発を招いていた。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/tb.php/7495-2a128e55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。