日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[先物OP市場データ]
*06:44JST 先物OP手口コメント:6月27日
----
06月27日
先物(差引き上位5社)売り 買い
日経225 9月限 NエッジJ -1109 モルガン S +1066
楽天 -634 メリル +618
三菱UFJ -601 野村 +534
AアムロC -505 GS +530
ドイツ -378 UBS +498

12月限 NエッジJ -18 AアムロC +40
日産セン -6 マネックス +1
松井 -6
三菱UFJ -4
SBI -3

日経ミニ 7月限 GS -1773 AアムロC +1582
楽天 -254 NエッジJ +1492
マネックス -222 豊証券 +68
カブドット -158 安藤 +42
SBI -156 日産セン +27

8月限 マネックス -81 SBI +114
NエッジJ -77 インブロー +88
岡三 -29 AアムロC +37
松井 -16 安藤 +2
カブドット -13

TOPIX 9月限 BNPパリバ -1750 ドイツ +816
CS -963 メリル +813
JPモルガン -572 三菱UFJ +705
NエッジJ -476 大和 +665
光世 -447 野村 +634

12月限 不出来





※日経225はスプレッド、TOPIXはスプレッドと前日イブニングを含む


OP(差引き上位5社)
8250円 PUT 7限 みずほ証券 -256 AアムロC +489
東洋 -160 NエッジJ +441
永和 -96 インブロー +264
光 -60 大和 +159
廣田 -57 GS +86

8500円 PUT 7限 シティG -400 メリル +270
ドイツ -175 モルガン S +200
CS -140 GS +185
NエッジJ -85 BNPパリバ +88
ソシエテ -73 みずほ証券 +77

8750円 PUT 7限 NエッジJ -125 CS +178
UBS -68 みずほ証券 +58
GS -41 BNPパリバ +32
SBI -27 ソシエテ +28
AアムロC -23 SMBC FRID +11

9000円 PUT 7限 AアムロC -16 NエッジJ +16
UBS -3 大和 +4
証券JP -3 豊証券 +3
GS -2 SBI +2
楽天 -1 岡三 +1

9250円 PUT 7限 AアムロC -29 三菱UFJ +15
UBS -2 GS +11
NエッジJ +5
大和 +1

OP(差引き上位5社)

8250円 CALL 7限 CS -30 AアムロC +22
NエッジJ -18 GS +22
証券JP -2 UBS +4
SBI +2
豊証券 +2

8500円 CALL 7限 NエッジJ -25 AアムロC +46
ソシエテ -14 インブロー +13
GS -11 BNPパリバ +9
日産セン -10 豊証券 +8
証券JP -8 メリル +3

8750円 CALL 7限 メリル -119 みずほ証券 +245
NエッジJ -77 CS +70
AアムロC -54 ソシエテ +66
三菱UFJ -53 BNPパリバ +49
松井 -42 SMBC FRID +41

9000円 CALL 7限 みずほ証券 -344 AアムロC +483
メリル -263 CS +204
松井 -208 日産セン +200
楽天 -200 NエッジJ +182
GS -142 インブロー +180

9250円 CALL 7限 AアムロC -1037 BNPパリバ +1715
SBI -521 野村 +500
大和 -304 GS +348
みずほ証券 -266 メリル +198
モルガン S -200 廣田 +64
-----
先物OP手口コメント:06月27日
 欧州株式市場が高安まちまちと方向感に乏しかったことで、26日終値をやや下回る小幅安でスタート。その後は、為替市場がやや円高に振れたことから、8640円まで下落したが、薄商いで目立った売りも入らず狭いレンジでの商いに終始。ただ、香港ハンセン指数が上げ幅をじりじりと広げたことで指数は8700円台を回復。引け間際には、26日同様、TOPIX先物にまとまった買いが入ったことでTOPIX先物に引っ張られる格好となり、27日の高値圏で取引を終えた。
225先物は、モルガンが1066枚の買い越し(3438枚の売り、4504枚の買い)となった一方、Nエッジが1109枚の売り越し(5261枚の売り、4152枚の買い)に。TOPIX先物に関しては、1000枚超の買い越しは観測されなかった。
 オプションのインプライドボラ(ATM)は上昇(ヒストリカルは小幅高)。現物、先物市場の出来高は引続き低迷したものの、9000円、9250円コールではともに1万枚超の出来高となった。建玉に関しては、8750円、9000円コールがともに1000枚増加。8250円、8500円プットでは約2000枚の増加となった。なお、手口では9250円コールでAアムロが1037枚の売り越し、BNPパリバが1715枚の買い越しとなった。一方、プットでは目立った傾きは観測されなかった。
《MT》

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/tb.php/7503-df62702e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。