日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[20日 ロイター] トムソン・ロイターの調査によると、米S&P総合500種指数採用企業の2012年第2・四半期決算は前年同期比で5.7%の増益となる見通し。
 ただ、前年に訴訟の和解で赤字を計上していたバンク・オブ・アメリカ(BOA)を除くと0.5%の増益となる見通し。
 金融セクターを除くと第2・四半期は0.9%の減益の見通し。
 これまで500社のうち110社が第2・四半期の業績を発表、66%がアナリスト予想を上回る利益となった。長期平均の62%を上回っているが、過去4四半期平均の68%は下回った。
 
 第2・四半期の1株利益について、これまで悪化見通しを示した企業は500社中99社、見通しを上回る予測を公表した企業は30社。これを割ったネガティブ/ポジティブレシオ(99/30)は3.3倍と2008年第4・四半期以降で最悪となっている。
 500社の今後4四半期(2012年第2―2013年第1・四半期)の株価予想収益率(予想PER)は12.6倍。
 23日に始まる週に決算発表を予定している企業は138社。
 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/tb.php/7656-5e4de98d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。