日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇米国株、続落 ダウ101ドル安 欧州問題を警戒、午後に下げ渋り
【NQNニューヨーク=川内資子】23日の米株式相場は大幅に続落し、ダウ工業株30種平均は前週末比101ドル11セント(0.8%)安の1万2721ドル46セントで終えた。欧州債務問題を巡る不安が再燃し、投資家が運用リスクを避けて素材株などを中心に株式を手放す動きが優勢となった。
 政府が資金調達に行き詰まるとの警戒感からスペインやイタリアの国債利回りが一段と上昇(価格は下落)した。欧州連合(EU)などの財政査察団のアテネ入りを24日に控え、ギリシャのユーロ離脱観測も再燃した。欧州債務問題が一段と深刻化するとの見方から投資家が運用リスクの高い株式を避け、米国債に資金を移す動きが広がった。
 ダウ平均の下げ幅は一時230ドルを超えたが、短期的な戻りを期待した買いも入り、相場は午後にかけて下げ幅を縮めた。国際通貨基金(IMF)の高官によるギリシャのユーロ圏離脱を否定する発言が相場反転のきっかけになったとの指摘があった。
 ナスダック総合株価指数は前週末比35.15ポイント(1.2%)安の2890.15で終えた。
 業種別S&P500種株価指数は全10種が下落した。業績が景気動向に影響を受けやすい「素材」や「一般消費財・サービス」の下げが目立った。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約7億4000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約15億6000万株だった。
 四半期決算の内容が市場予想を下回った外食大手マクドナルドが3%近く下げた。航空・宇宙関連事業の一部を売却すると発表した航空機・機械のユナイテッド・テクノロジーズも安い。そのほかのダウ平均構成銘柄ではマイクロソフトや食品のクラフト・フーズの下落が目立った。
 一方、四半期決算で1株利益が市場予想を上回った玩具のハズブロは大幅高。決算が市場の警戒ほど悪化しなかった油田関連サービスのハリバートンが上昇した。中国国有石油大手の中国海洋石油総公司(CNOOC)が買収すると発表したカナダのエネルギー大手ネクセンは急伸した。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/tb.php/7666-a5f8074b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。