日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ニューヨーク 23日 ロイター] ムーディーズ・インベスターズ・サービスは23日、最上位の「Aaa」に格付けしているドイツ、オランダ、ルクセンブルクの格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に変更した。ユーロ圏債務危機の先行きが不透明なことが理由。
 同じく「Aaa」に格付けしているフィンランドについては、格付けおよび格付け見通しの「安定的」を据え置いた。
 ムーディーズは、スペインやイタリアなどユーロ圏の問題を抱えた国々がさらなる支援を必要とする可能性が高まると指摘。
 域内の最上級格付け国に対する支援負担が最も増えるとの見解を示した。
 
 ドイツ、オランダ、ルクセンブルクの格付け見通し変更について「これらの国の財政状況が支援の財政負担を最も受ける見通し」としている。
 一方、フィンランドについては、銀行システムが小規模で海外の影響を比較的受けない状態にあるほか、ユーロ圏他国との通商が限られていることから、見通しを「安定的」に据え置いたとしている。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/tb.php/7668-ff70870d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。