日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[サンフランシスコ 24日 ロイター] 米アップルが24日発表した第3・四半期(4─6月)決算は、売上高が予想に届かなかった。スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売が予想を下回ったことが響いた。同社の株価は時間外取引で5%下落した。
 第3・四半期の純利益は88億ドル(1株利益は9.32ドル)。前年同期は73億ドル(同7.79ドル)だった。アナリスト予想は10.37ドルだった。
 売上高は350億ドルとなり、市場予想の372億2000万ドルを大きく下回った。
 
 第3・四半期のアイフォーン販売台数は2600万台。第2・四半期の3510万台を下回った。アイフォーンの最新版が秋に発売されることから、買い控えが目立った。販売台数は2800万─2900万台程度になると予想されていた。
 一方、「iPad(アイパッド)」の販売台数は1700万台と予想を上回った。
 第3・四半期の粗利益率は42.8%。予想は43.68%だった。
 アジア太平洋部門(日本除く)の売上高は前期比22%減少。3─6%減少した南北アメリカと欧州の売上高よりも大きく悪化した。
 
 7─9月期の自社予想は、1株利益が約7.65ドル、売上高が約340億ドル。
 一方、アナリスト予想は、1株利益が10.23ドル、売上高が380億3000万ドルとなっている。
  
 ウエッジウッド・パートナーズのデービッド・ロルフ最高投資責任者(CIO)は「決算内容は予想を大きく下回り、今四半期の見通しも非常に弱かった。これが製品移行に伴うものなのか、それとも景気の混乱によるのかが気になるところだ」と述べ「アイフォーンは利益率が一段と高いが、売上高は予想よりもかなり低く、これが収益全体に響いた」との見方を示した。
   
 キャピタル・アドバイザーズ・グロース・ファンドの共同マネジャー、チャニング・スミス氏は「おそらく、多くの消費者がiPhone5の発売を待って、購入を先送りしたのだろう。同じような動きは、昨年iPhone 4Sが発売された時にも見られた。 そのため、現時点ではさほど懸念していない。世界経済は明らかに悪化しているが、アップルはこれまで、いかなる経済状況においても非常に好調なパフォーマンスを上げてきた」との見方を示した。
 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/tb.php/7680-38afa38f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。