日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[8日 ロイター] 米アパレル大手ラルフ・ローレンが8日発表した第1・四半期(4─6月)決算は増収増益となった。ただ、中国での販売戦略の見直しなどを受けて、7─9月期には純売上高が1桁台半ば程度落ち込むとの見通しを示した。

 4─6月期の純利益は1億9340万ドルと、前年同期の1億8410万ドルから5.1%増加した。1株当たり利益は2.03ドルと前年同期の1.90ドルから増加。市場の予想平均は1.78ドルだった。売上高は4.4%増の15億9000万ドルで、既存店の売上高の伸びは1%だった。
 ラルフ・ローレンは中国での販売を直営店方式に改める方針で、現地企業との提携による店舗運営の解消を進めており、このことが売上高を圧迫している。米百貨店のJCペニーが今夏、ラルフ・ローレンとの提携ブランド「アメリカンリビング」を廃止したことも業績に影響する見通し。
 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/tb.php/7726-0f6c84c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。