日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ローマ 12日 ロイター] イタリアのグリリ経済・財務相は、イタリア経済が予想以上に低迷しているため、2012年の財政赤字は目標を達成できない見込みだと明らかにした。ただ、欧州連合(EU)から要求されている基準は達成できるとして、追加的な支出削減は計画していないと述べた。12日付のレプブリカ紙に語った。
 同相は「われわれは、名目上の赤字が悪化すると認識している」としながらも、「われわれが重視しているのは構造的な赤字で、その点に関して言えば、完全に目標に沿って推移している」と述べた。
 EUはイタリアに対し、成長率を調整した構造的な財政収支を2013年に黒字にするよう求めている。
 一方、名目上の財政赤字目標については、対国内総生産(GDP)比で今年は1.7%、来年は0.5%、2014年は0.1%と定めている。
 
 イタリア経済はリセッション(景気後退)が深刻化しており、政府は今年のGDP伸び率をマイナス1.2%と予想しているのに対し、雇用者団体はマイナス幅が2.4%以上に達するとみている。
 
 グリリ経済・財務相はまた、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が2日に、債券利回りを押し下げるため国債買い入れを再開する用意があると表明したことを歓迎。ECBに対し、早期に国債買い入れの詳細に関する計画を示すよう求めた。
 同相は「ECBが発表したリバランス措置は加速させなくてはならない。ECBが提示したツールは、稼働すれば緊張を著しく和らげることができる」と語った。
 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/tb.php/7741-2c856199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。