日経225先物。オプション、TOPIXの大口の建玉残(ポジション)を公開。それにより今後の展開をよむ!! 管理人がよりすぐった情報や経済ニュースを掲載。特にブロマガ記事は最重要記事です。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[15日 ロイター] 米ネットワーク機器大手のシスコシステムズが15日に発表した第4・四半期(5─7月期)決算は、リストラやコスト削減が奏功し、利益・売上高ともにアナリスト予想を上回った。
 第4・四半期の一時項目を除いた純利益は25億ドル(1株当たり0.47ドル)。トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリストの1株当たり利益予想は0.45ドルだった。
 売上高は前年比4%増の117億ドルとなり、アナリスト予想の116億1000万ドルを上回った。
 同社は1株当たり配当を2013年度の第1・四半期から0.14ドルに引き上げることを明らかにした。 
 ジョン・チェンバース最高経営責任者(CEO)は15日、CNBCテレビとのインタビューで、欧州の状況は引き続き課題で、さらに悪化する可能性がある、との見方を示した。
 
 JPMセキュリティーズのアナリスト、エリック・スピガー氏は、コスト削減が利益を押し上げていることに投資家は満足しているが、長期的な成長には売上高の伸びが欠かせない、との見方を示した。そのうえで、販売やマーケティングの経費削減を継続した場合に売上高を再度拡大することが可能かどうかは不明、との考えを示した。
 シスコは昨年リストラ計画を発表し、全社で15%の人員を削減し10億ドルの経費を削減することに着手した。さらに先月、1300人の追加削減を発表した。
 ナスダック市場で17.35ドルで引けた同社株は、時間外取引で18.22ドルに上昇した。
 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/tb.php/7764-024dfc7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。